セクハラ・パワハラ防止研修

70,000円(税別)~ 集合研修(講師派遣型)ができます!

サービス経済の進展、働く女性の増加、男女間・世代間における価値観の変化など環境変化の中、近年、職場におけるセクシュアルハラスメント(セクハラ)や、パワーハラスメント(パワハラ)の問題が増加傾向にあります。

特に、近年目立つのがパワハラの増加です。厚生労働省の資料によれば、「いじめ・嫌がらせ」(いわゆるパワハラ)の労働局等への相談件数は、平成21年:35,759件(前年比 +10.9%)、平成22年:39,405件(前年比 +10.2%)、平成23年:45,939件(前年比 +16.6%)と凄い勢いで増加しています。

一方で、セクハラに関する労働局雇用均等室への相談件数は、平成21年:11,898件、平成22年:11,749件(前年比 ▲1.2%)、平成23年:12,228件(前年比 +4.0%)と、こちらも増加傾向にあります。

これら数字が示すように、今、セクシュアルハラスメント(セクハラ)や、パワーハラスメント(パワハラ)の問題は、身近なところで起きている問題といえます。

もし職場(企業)で、セクハラやパワハラが起きてしまった場合、その職場で働く方々にとって大変な問題となることは勿論、企業にとってもモラルダウンによる生産性の低下や、膨大な事後処理、企業イメージの低下など大きな損害につながります。また、退職など大切な社員を失うことさえあります。

企業は、今、セクシュアルハラスメント(セクハラ)や、パワーハラスメント(パワハラ)の発生防止にむけて、社員に対するメッセージ発信や、研修や勉強会といった教育など十分な取り組みをすることが求められています。

弊社の研修をご検討いただければ幸いです。

セクシュアルハラスメント、パワーハラスメント(セクハラ・パワハラ)防止研修(講師派遣型)

【対象】係長、課長、部長など管理職、経営幹部等

【時間】2~6時間程度

【講師料金】70,000円(税別)~ お時間・内容によりご相談の上

【研修のねらい】
・自らがセクハラ・パワハラの行為者にならないようにする。
・職場におけるセクハラ・パワハラの発生を防止する。
・万一、セクハラ・パワハラが起こった場合の対処方法を学ぶ。

本件研修では、現環境化におけるセクハラ・パワハラに関する正しい知識を持っていただくとともに、自己診断チェックで自己の行動および思考の傾向をチェックしていただきます。さらに、管理職として職場のハラスメントの防止に向けて実践力を習得していただきます。

●以下はカリキュラムの一例です。対象者、時間、ご予算等に応じて、最適なプログラムを提案させていただきます。

【カリキュラム】

テーマ 内容 形式
1 オリエンテーション
2 セクシュアル・ハラスメントの基礎 ① セクシュアル・ハラスメントの基本
② セクシュアル・ハラスメントがもたらす影響とは
③ セクシュアル・ハラスメントが起こる背景
④ セクハラ自己診断チェック
講義
ケーススタディ
個人ワーク
3 パワー・ハラスメントの基礎 ① パワーハラスメントの基本
② パワーハラスメントがもたらす影響とは
③ パワーハラスメントは起こる背景
④ パワハラ自己診断チェック
講義
ケーススタディ
個人ワーク
4 ハラスメント事例研究 ① セクシャル・ハラスメントの事例研究
② パワーハラスメントの事例研
講義
グループワーク
5 ハラスメントの防止 ① 危険なシグナルとは
② パワーハラスメントを起こさないためには
講義
6 ハラスメントの対応 ① 問題が発生した場合の対応
② 相談受付の基本とヒアリング
③ 事実確認
④ 対応策の検討
⑤ フォローアップ、メンタルヘルス
講義
ロールプレイ
7 ケースメソッド演習 ハラスメントに関するケース演習を行い、問題解決、発生防止等の実践力を強化する 個人ワーク
グループ討議